大衆酒場ベスト1000

2019年04月10日

第27回「黒歴史むかし話」

今回は、モイ・フミふたりそれぞれの黒歴史をほじくり返すという荒技回です!
そんなに自分を見つめ直さなくてもいいんだけどね。
怖いもの見たさで、ついつい。




むか〜しむかし、あるところに・・・

ここで言う「黒歴史」はモイ・フミの観点から感じたものである。
主に中学時代〜高校時代の、いわゆる恥ずかしい話である。
そんなものをぶつけ合って、潔く「昔の話」にしようではないか。
なお、物語部分はフィクションです・・・!




落書物語

あるところにモイさんとフミさんがいました。
ある日、モイさんは実家へ黒歴史を選択しに、フミさんは実家へ黒歴史狩りに行きました。

モイさんが選択をしていると、勉強机の一番下の引き出しから中学時代に描いた落書きが、どんぶらこどんぶらこ。

『これは!「しりあがり寿」の漫画を真似して描いたものだ。』




0410_001.jpg





そうです。モイさんは中学時代から「しりあがり寿」の漫画が大好きで、ブックオフのワイドコミック 100円コーナーで買い漁っていました。
「流星課長」「ヒゲのOL」「弥次さん喜多さん」など有名どころから「エレキな春」「おらぁロココだ!」「夜明ケ」などの初期のものまですっごくハマっていたのを思い出しました。

一方、黒歴史狩りに出かけたフミさんは、
ポ○モンの絵を模写したモシャモシャの木々の中をかき分け、やがて、やたらと「タフネス」と「卍」を強調するモンスターたちがなる木を見つけました。

『昔はドラゴンが大好きで・・・学校から帰ってきては
 ドラゴン系のお絵かき掲示板を見ていたもんだ!』
としみじみしながら、その枝の一枚をちぎって持ち帰ってきました。

夕方になり、各実家から帰ってきたモイさんとフミさんは
『いっせーのーせっ!!』
で自分の昔の絵を出しました。

モイさんはフミさんの絵を見てニヤニヤしながら言いました。
『今のと・・・全然違うじゃ〜ん!!』




0410_002.jpg





フミさんは照れながら言いました。
『モイちゃんのも全然、女子中学生が描く絵じゃねーよ・・・!』




0410_003.jpg





ふたりで、なんだかしんみりしていると・・・
なんと、ふたりの絵が空中を舞い、輝きはじめました。
『これは幻の!落書き消し現象!!!』

次の瞬間!まばゆい光とともに、ふたりが昔描いた絵は跡形もなく消え、真っ白な紙が現れたのです!

フミさんは嬉しそうに、モイさんはちょっぴり寂しそうに、言いました。
『これからも描き続けよう、未来を・・・』

こうして今でも、ふたりは楽しく絵を描けるようになったとさ。
つづく





ぽえむひめ

昔々あるところに、モイじいとフミばあがおったそうな。
今日は大そうじ。片付けに夢中になったモイじいが
『若かりし頃のおもひで全部ひっくり返して燃やすぞい!』
と、少しばかり衝動的になっていました。

『やれやれ。また始まった・・・』
フミばあは、その様子を見てため息をつきました。
今まで何度、大切な思い出を燃やされたことか。

年に一度の大そうじの日は、いつもいつもモイじいが大切な物を捨ててしまうのでした。
これがあと何年か続いたら、全部なくなってしまう。
危機を感じたフミばあは、とあることを思いつきました。

『「ぽえむひめ」を呼ぶのじゃ。』

「ぽえむひめ」とは、若い頃は誰しも書いたであろう「ポエム」をよみがえらせ、その時の想いを思い出させてくれるというある人にとっちゃ〜迷惑この上ない、妖精さんです。
その妖精を呼ぶ方法はたったひとつ。
昔書いたポエムを見つけ出し、それを読み上げるのです。

フミばあはとても恥ずかしいと思いながら、探し出したポエムを円状に並べ、呪文のように唱えました。

ワスレタクナイ、アノコトバ・・・
マタセタネ・・・
ハネガアレバ・・・




0410_004.jpg





0410_005.jpg





0410_006.jpg





するとどうでしょう、空の彼方から
『ぽえむひめ、さんじょーっ!』
と、まるでアニメキャラのようなポップな妖精が現れました!
すぐさま、モイじいに若い頃の心を捨てないでほしいことを願うと
『りょーかいっ!今に見てろモイじいめっ!嬉し恥ずかし〜気持ちを!』
とアニメ声で唱えました。

するとモイじいが頬を赤らめて走ってくるではありませんか!何か持ってます。
それはポエム。というか替え歌。(ちなみに、aiko の「milk」の替え歌。)

今日もあいつら達が騒いでる
なんだ やだな またか
朝から何言ってるんだか Ah・・・
父は電話 母はげんなりで 私はやな感じ
日曜の朝はキライだな Ah・・・☆




0410_007.jpg





そして
『今まですまんかった、どこにも思い出が残っとらん。わしのせいじゃー!』
と泣きました。フミばあも、もらい泣きしました。
妖精は、
『ぽえむひめ、もう帰るね。』
と言ったかと思うと、ポッと消えてしまったそうな。

次の日の朝です。
モイじいが戸棚の引き出しを開けると、そこには大量のポエムが・・・!
『こっこれは!また燃やしたくなる前に・・・隠すのじゃ〜!!!』
おしまい




最後に!

という感じで、ヘンテコむかし話いかがでしたか・・・?
黒歴史、実は前から温めていたテーマだったのですが、多忙な中フミさんが実家に帰るタイミングがあったので主に「イラスト」と「ポエム」に絞って昔話に見立ててみました!

皆さんも、いや〜んな黒歴史は昔話チックな物語に仕立て上げて、むか〜しむかしの出来事として保管してみてはいかが??




告知コーナー!

迫ってまいりました「M3-2019春」!!
古町MOIの新譜「ラッピングマスター最強包装士」は絶賛製造中です!

0410_008.jpg





4月28日は、色々な音楽が集まる同人即売会「M3」へ Go!
サークル番号「お-09b」にて、モイとフミでお待ちしています!




0410_009.jpg





YouTube で試聴↓





SoundCloud で試聴↓





詳細↓
0410_010.jpg
古町MOI 新ミニアルバム「ラッピングマスター最強包装士」
6曲入り 1枚 500円(CD-R 作品)

Tracklist
01 最強包装士のテーマ
02 King9dance
03 マッシュ☆おじさんの唄
04 烏龍茶
05 WanNeko
06 めちゃい〜な!


2019年4月28日(日)11:00〜15:30
音系・メディアミックス同人即売会「M3-2019春」

東京流通センター第二展示場 1F「お-09b」
サークル「最強包装姉妹」にてリリース!

ではではまた〜!



【第26回〜第50回の最新記事】
posted by 最強包装姉妹 at 11:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: