大衆酒場ベスト1000

2018年08月07日

第19回「ジャスコテック連想あるある」

こんにちは。古町MOIです。
今回は、第5回で書いた音楽ジャンル「ジャスコテック」に付随する、「どんな音づかいだと、どんな場所を連想するか」を書こうと思います!
マニアックですが、誰しも「あるある!」と思う事だと信じて・・・。




そもそもジャスコテックとは

私に言わせると「スーパーマーケットを感じる音楽」です!
詳しくは、パケプラス第5回を読んでもらいたいです。

「ジャスコテックらしい音楽」は世の中にたくさんあるけど、「ジャスコテックと意識して作った音楽」はまだまだ少ないのです。
なぜなら「ジャスコテック」として作曲してる人は、私と、その界隈の知り合っている人達ぐらいだからです。
まあでもそれらをひっくるめて「ジャスコテック」なのでご安心ください!
例えば身近なスーパーマーケットやドラッグストアの安っぽいカラオケカバー BGM などもそうだし、人によっては、1980〜1990年代の歌謡曲などもそう捉えることがあります!
聴く人によって「ジャスコさ」が違うんです、その人の生活や感性によって。




主メロディーを奏でる音の話

最近気づいたのが、スーパーなどで流れてる歌声なしのカラオケバージョンって、人の声の変わりに主メロディーを奏でる楽器の音が結構はっきりしてるんです。
カラオケボックスのカラオケだと、あまりガイドメロディーみたいなのは大きく入ってない気がするんですが。
それは、スーパーのカラオケ BGM は歌うことが目的ではなく、購買意欲を掻き立てるためだからなのでは?と思いました。

その主メロディーの音によってどこでかかっているか連想するのが面白いんです!
最近中古で買った 1980年代のカラオケ CD、これがまさにスーパーのカラオケ BGM!
多分ほぼ打ち込みで、コーラス声やガイドボーカルは入ってるものの、やっぱり主メロディーははっきり入っているのです!




0810_001.jpg





しかし、ここにその曲をアップロードするわけにはいかないので、無謀にも、言葉で説明しようと思います!


・主メロディー音がオーボエの場合→「中華東秀」
「ジャスコさ」の正体のひとつがやっと掴めたんです、オーボエですよ!
打ち込みの場合が多いので、正しくは「オーボエっぽい音」です。
私の中では「中華東秀」で流れている BGM がそれ!!笑


・主メロディー音がハーモニカの場合→「ドラッグストア」
これは昔から思ってました!!
もう小さい頃から「薬局といえばハーモニカの音楽だよなぁ」って・・・。


・主メロディー音が弱々しいシンセブラス系の場合→「キャンドゥ」
「ペラい」と言いますか、ゆるいシンセリード系や単体シンセブラス系は 100円ショップをイメージしますね!なぜかダイソーではなくキャンドゥ。


・主メロディー音がフルートの場合→「てんや」
これは個人的なイメージですが、「てんや」ではフルート音以外にも色々なジャスコ感の曲が流れている気がする!


スーパーなどで聴けるのに、ネット上ではなかなかその実体を聴くことができないのも、カラオケ BGM の面白いところ。
私なんか「てんや」でシャザム(曲を読み取るアプリ)しちゃいましたが、やっぱり情報は出ませんでした!笑




いらっしゃいませ×2 が聞こえたら

よくスーパーのお惣菜売り場などで
「いらっしゃいませ〜いらっしゃいませ!本日のお買い得商品は・・・」
と、ナレーションに慣れてないような店員さんが今時カセットテープで録音したような声が流れている時ってありますよね?
それが曲とセットで頭の中で自動再生されたら、ジャスコテックとして合格点!
という感覚を持っている私です・・・!
自分でジャスコテックを作っていても、ジャスコテックを聴いてる時も、その音声が入りそうだと思うと、笑ってしまいます!




0810_002.jpg





参考音源など

今回言葉で表現してみて、やっぱり限界があったので・・・
参考曲を用意しました!(ようつべで・・・)
皆さんも、「これはどこどこのお店でかかってそう!」と連想してみてください!
楽しいですよ〜!!多分ね!笑




・BESTMUSIC/Music For Supermarket(架空のスーパー BGM アルバム)






・TWICE/TT(吹奏楽の見本音源)






・古い海外のスーパーマーケット音楽(詳細知らないけど)






・音楽ファンタジーゆめ/トルコ行進曲(CG アニメーション番組)






・Suchimos/STAY TUNE(エレクトーン演奏)






・華麗なるエレクトーン(詳細知らないけど)






ではではまた〜!



posted by 最強包装姉妹 at 11:00| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: